美白を目指すための化粧品に

対する知識

弱酸性の理由は

化粧品の基礎知識として、なぜ弱酸性にこだわるのかということが、美肌を作るために重要なことになってくるでしょう。ほとんどの化粧品で謳われることですが、弱酸性とは何かということからスタートしていかなければいけません。

酸性とアルカリ性がどの程度のレベルにあるのかを示す数値が、pHで表されます。弱酸性と呼ばれるのは、4.5~6程度ということになるでしょう。7が中性のため、かなり弱い酸性であることがわかります。

健康な人の肌の数値を見てみると、実はpH5.5程度の弱酸性です。この値に近づけていくことが重要な理由は、アルカリ性になってしまうと、肌のトラブルである乾燥しやすい状態になってしまうからです。
化粧品がアルカリ性を持っていると、肌は当然影響を受けることになるのですから、弱酸性であることが基本となってきます。さらに化粧品を使うことによって、肌を外部の刺激からも保つことになってくるため、弱酸性の化粧品が有効な手段であるといえるのです。

健康的な肌にするためにも化粧品が必要になってくることがわかります。外部からの刺激を受けると、どうしてもpH値が変動してくることになるのですから、肌自体が健やかな環境の中に納まるようにすることが必要です。


<<スキンケア関連★お役立ちサイト>>
肌への刺激を少なくするためには、オールインワンゲルを使って肌に触れる回数を最低限にするということも大切です。おすすめのオールインワンゲルを知りたい場合は、こちらのサイトが役立つでしょう ⇒ オールインワンゲル おすすめ